かわぐちかいじ作のジパングのアニメ

アニメ化されていたんですね。
全26話と微妙な長さなので、完結までは程遠い出来ですが。
TBSでやっていたらしい。当時は気づかなかったなぁ。

原作は間違いなく名作なのでアニメもそれなりに面白いと思って見始めましたが、予想はあたっていました。
ややコスト削減な感じは否めませんが、戦闘シーンは迫力がある。音楽もいいし。
草加の声も想像通りで違和感はありませんでしたね。

ジパングといえば草加といっていいほどの重要人物。ある意味主人公ですよね。
味方でもなく敵でもない、そんな微妙なさじ加減が魅力の人物でしょう。
でも26話とかいう中途半端な長さで終わると逆にストレスがたまる。

コミックは全部売っちゃったんだけど、オンラインレンタルとかでまた借りちゃおうかな?
沈黙の艦隊も定期的に読み返したくなるし、かわぐちかいじの漫画は中毒性があるのかもしない。
瞬間的にめちゃくちゃおもしろいって作品ではないんですけどね、後に残る読後感があるというか。

彼の作品に個人的にはずれはないので、今後も新刊はかかさず追っていくことだろう。